第3回 重要文化財「聴竹居」を1日たっぷり愉しむ会
- ゲスト・建築家 小堀哲夫氏 -

<2019年>

1時間余りの見学では味わえない「住宅」としての「聴竹居」を感じていただけます。ゆっくり佇む、スケッチする、写真撮影をする、談話する、読書する、歓談するなど、「聴竹居」での時空間を季節と共に愉しんでください。

◆開催日時
2019年9月7日(土曜日) 10時30分~16時30分

◆ゲスト講師
小堀 哲夫氏(建築家小堀哲夫建築設計事務所主宰)

◆参加募集人数

20名(申し込み・抽選)

◆申し込み締め切り
2019年7月15日(祝・月)
*抽選により参加決定者にのみご連絡します。

◆スケジュール
・10時30分~11時
 集合・受付
・11時~12時
 見学案内(オリエンテーション)
・12時~15時
 自由行動(出入自由)
*昼食:お弁当・飲み物の持ち込み可。
 ご希望の方には「聴竹居弁当(1,200円税込・お茶なし)」をご用意いたします。
*ゲスト講師(小堀 哲夫さん)は14時~聴竹居に滞在予定。
・15時~16時30分
ゲスト講師・小堀哲夫氏によるミニ講和 「地域性や目に見えない環境要素をていねいにデザインすることで、人間の創造性を増幅させる力をもつような場になる。」を実践した近作を中心に「建築」にこめた想いを語っていただきます。

講演タイトル
「創造と学びと空間」

◆参加費
5000円

◆オプショナル企画
小堀 哲夫さんを囲んでの懇親会(希望者のみ・事前申込要)
・日時:2019年9月7日(土曜日)17時30分~19時30分
・場所:居酒屋「楽(がく)」(大山崎町大山崎藤井畑18)
・会費:2,500円(フード&ファーストドリンク *2杯目からは各自負担)

◆申込み方法
聴竹居倶楽部事務局までメールでお一人ずつお申込みください。
【記入内容】
①ご氏名 ②メールアドレス ③ご所属・ご職業 ④連絡先電話番号 ⑤「聴竹居弁当」の要/不要 ⑥懇親会の参加/不参加

◆申込先メールアドレス
聴竹居倶楽部事務局 1928@chochikukyo.com

◆主催
一般社団法人 聴竹居倶楽部


ゲスト講師について

第3回 重要文化財「聴竹居」を1日たっぷり愉しむ会_b0157960_16342161.jpg

小堀 哲夫 氏 http://tk-a.jp/

1971年、岐阜県生まれ。
1997年、法政大学大学院工学研究科 建設工学専攻修士課程(陣内秀信研究室)修了後、久米設計に入社。
2008年、株式会社小堀哲夫建築設計事務所設立。
2017年「ROKI Global Innovation Center –ROGIC-」で日本建築学会賞、JIA日本建築大賞を同年にダブル受賞。
2019年に「NICCA INNOVATION CENTER」で二度目のJIA日本建築大賞を受賞する。そのほかABB LEAF Awards 2018 Shortlist、BCS賞、AACA優秀賞など受賞多数。そのほかの作品に「昭和学園高等学校」「南相馬市消防防災センター」、最新作に「梅光学院大学 The Learning Station CROSSLIGHT」がある。



# by chochikukyo | 2019-06-26 16:50 | イベント
第2回 重要文化財「聴竹居」を1日たっぷり愉しむ会

- ゲスト・名畑恵氏 NPO法人まちの縁側育くみ隊 代表理事-

2019年>

1時間余りの見学では味わえない「住宅」としての「聴竹居」を感じていただけます。ゆっくり佇む、スケッチする、写真撮影をする、談話する、読書する、歓談するなど、「聴竹居」での時空間を季節と共に愉しんでください。


◆開催日時

2019622日(土曜日) 1030分~1630


◆ゲスト講師

名畑恵氏(NPO法人まちの縁側育くみ隊 代表理事


◆参加募集人数

20名(先着順)


◆スケジュール:

1030分~11
 集合・受付

11時~12
 見学案内(オリエンテーション)

12時~15
 自由行動(出入自由)

 *昼食:お弁当・飲み物の持ち込み可。ご希望の方には「聴竹居弁当(1,200円税込 お茶なし)」をご用意いたします。
 *ゲスト講師(名畑 恵さん)は14時~聴竹居に滞在されます。

15時~1630

ゲスト講師によるミニ講和

絵本の読み聞かせ+まちづくりの現場の話等についてお話いただきます。
講演タイトル:
「だいじなことは、みーんな絵本に描いてある ~絵本とまちづくりの世界」

第2回 重要文化財「聴竹居」を1日たっぷり愉しむ会_b0157960_17383628.jpg


◆参加費

4000

◆オプショナル企画:名畑 恵さんを囲んでの懇親会(希望者のみ・事前申込要)

・日時:2019622日(土曜日)1730分~1930
・場所:居酒屋「楽(がく)」(大山崎町大山崎藤井畑18

・会費:2,500円(フード&ファーストドリンク *2杯目からは各自負担)


◆申込み方法

聴竹居倶楽部事務局までメールでお一人ずつお申込みください。(先着順)

【記入内容】

①ご氏名

②メールアドレス

③ご所属・ご職業

④連絡先電話番号 

⑤「聴竹居弁当」の要/不要
⑥懇親会の参加/不参加
◆申込先メールアドレス

聴竹居倶楽部事務局 1928@chochikukyo.com

◆主催
一般社団法人 聴竹居倶楽部


◆ゲスト講師について:


第2回 重要文化財「聴竹居」を1日たっぷり愉しむ会_b0157960_17382521.jpg

名畑 恵(なばた めぐみ)

NPO法人まちの縁側育くみ隊 代表理事

http://www.engawa.ne.jp/

錦二丁目エリアマネジメント株式会社 代表取締役

1982年愛知県春日井市出身。大学生時代から故延藤安弘先生(都市研究家・地域プランナー)に師事。はじめての仕事は、名古屋の橦木館(昭和初期の家屋)の保全運動の延長で行った「絵本展」の企画運営(2003年)。以来、まちづくりに絵本や「カルタ」などの表現を取り入れた活動を行っている。17年師事した延藤安弘先生のあとを受け継ぎ、NPO法人まちの縁側育くみ隊として、まちづくり活動の実践、支援、大学や全国各地で講演活動を行うとともに、名古屋の錦二丁目地区では地縁組織と共に「錦二丁目エリアマネジメント(株)」を立ち上げた。



# by chochikukyo | 2019-05-24 17:46 | イベント
文化財の専門家とあるく大山崎 国宝・重要文化財特別見学会
定員に達しました。

「聴竹居」をはじめ、禅宗寺院や油祖離宮八幡宮など、文化財を専門家とともに訪れる企画です。

第1回見学会 2019年6月29日(土)9時20分~から開催されます。
参加費:8,000 円(特別拝観・見学料、昼食代、資料代込)
募集人数:先着15名


# by chochikukyo | 2019-05-15 11:21 | イベント
聴竹居 新緑を愛でる会2019

事前予約なしで見学いただけます。新緑に包まれた聴竹居をお楽しみください。

■とき
4
27日(土)9301500 (最終入場は1430

■ところ
聴竹居

■注意
・雨天決行/荒天中止
・車やバイク、自転車での来場はご遠慮ください。
 (JR山崎駅周辺の駐車場などをご利用下さい。)
・小学3年生以下の室内見学はご遠慮ください。
10名ずつ、10分間隔で室内見学にご案内いたします。
・室内見学開始時刻が記載されたチケット300名分を910から販売いたします。
・近隣の迷惑となるため、910以前の来場はお断りいたします。
・お庭は無料でどなたでもご見学いただけます。

■室内見学料
500
/

■問合せ
一般社団法人聴竹居倶楽部 事務局
075956-0030




# by chochikukyo | 2019-03-29 13:08 | イベント
重要文化財「聴竹居」を一日たっぷり愉しむ会
申し込みを締め切りました。

年間約一万人が訪れる「聴竹居」。
1時間余りの見学だけでは味わえない「聴竹居」に佇むことを愉しみたいと言われるリピーターも増えてきています。
そこで、季節ごとに「聴竹居」を一日ゆっくり愉しめる会を企画しました。
約3か月に1回程度(土曜日)開催する予定です。

開催時間帯にゆっくり佇む、スケッチする、写真撮影をする、談話する、読書する、参加者と交流する、スタッフと歓談するなど「住宅」としての「聴竹居」での時空間を季節と共に愉しんでください。

◎今回のゲスト

鞍田 崇氏(哲学者、明治大学教授)

*近年は「民藝」を広く紹介され、
NHK
Eテレ「趣味ドキッ!」私の好きな民芸 ”松本 家具・木工” に
講師として出演されています。
http://takashikurata.com/

※参考情報
2019年3月21日(木・祝)~6月9日(日)
大山崎山荘美術館で「民藝」のバーナード・リーチ展開催。


■日時
4月6日(土)10時~17時まで(出入り自由・飲食可)

■募集人数
20

■参加費
5000
円(ゲスト招聘、ミニ講演・交流含む)

■昼食
お弁当・飲み物の持ち込み可。
すし銀水「聴竹居弁当」の注文も可。

■申込方法

申し込みを締め切りました。

下記、事務局までメールで1名づつお申込みください(先着順)。

【ご記入内容】
・ご氏名
・メールアドレス
・ご所属
・ご職業
・連絡先電話番号
・「聴竹居弁当」要/不要

◎聴竹居倶楽部事務局
1928@chochikukyo.com






  



# by chochikukyo | 2019-03-01 12:30 | イベント